フィットネス ヘルスケア

「夜中や寝る前の食事は太る」は、本当か?

「夜中や寝る前の食事が太る」は、本当か?
巷でよく耳にする
夜中や寝る前の食事が太る
は、本当なのか?

たしかに、何となく常識のように刷り込まれてはいるものの、実は本当かウソか、はまブロは知らない。
そこで、今回は「夜中や寝る前の食事が太る」のか?にスポットを当ててみた。

この記事では、「夜中や寝る前の食事が太る」と言われる本当の理由について書いている。
簡単に読めるので、気になっている人は是非、最後まで読んでいただきたい。

「夜中や寝る前の食事が太る」と言われる理由

ダイエットについて調べたことのある人であれば、
「BMAL1(ビーマルワン)」という時計遺伝子について、何度か聞いたことがあるだろう。
時計遺伝子というのは、体内時計を司っている遺伝子で、その時計遺伝子には、脂肪合成を促進するたんぱく質「BMAL1」がある。
巷では、この「BMAL1」が、増加しているときに食事をすると脂肪になりやすく、減少しているときに食事をすると脂肪になりにくいとされている。

そして本来、「BMAL1」は夜中に増えるとされており、そのことから
夜中や寝る前に食べるのと太りやすい
と云われているのだ。

だが、実はこの「BMAL1」、太ること自体には、あまり関係がない
研究論文では、
肝臓の脂肪を増やしてしまった
という報告はあるが、体脂肪が増えたということには、触れられてないのだ。

つまり、「BMAL1」が増えるから、
「夜中や寝る前に食べるのと太りやすい」
ということには、あまり根拠がないということになる。

「夜中や寝る前に食事」をしても良いか?

では、実際に寝る前に食事をするとどうなるかということになると、

実は、この部分について、体内の「グリコーゲン」の量が深く関係している
「グリコーゲン」とは、カキ、エビなどに含まれている多糖類で、エネルギーを貯蔵し人間の活動に欠かせないもので、通常は、肝臓や骨格筋等に蓄えられており、運動を行う際のエネルギー源や、空腹時の血糖維持に利用されている。

この体内の「グリコーゲン」が少ない状態であれば、食事を摂っても問題はない
つまり、夜にトレーニングをした場合、この「グリコーゲン」を使い切るとすれば、その後に食事をしたとしても食べたものは「グリコーゲン」の回復に使われるため、体脂肪の増加にはならないのだ。
逆を言えば、夜も全くトレーニングなどをしないで、「グリコーゲン」が残った状態に、そのまま食事をしてしまうと「グリコーゲン」が溢れてしまう

そしてそれが、体脂肪となってしまうのだ。
ましてや、普通に朝も昼も、しっかりと食べて、ある程度「グリコーゲン」が残っている状態にさらに夜もといった具合だったとすれば、なおさらだ。

ただ、例えば、朝にしっかりと食べているのであれば、日中の活動によって「グリコーゲン」も使われているので、体脂肪が増えることは少ないのだ。

つまり、夜寝る前に食事をして、そこから就寝をする場合は、全く運動をしない為、体脂肪が増える原因になり、太ってしまうというわけだ。
「夜中や寝る前の食事が太る」は、本当か?

食事は運動の前後がおすすめである

前述したように、食事の前に運動をして「グリコーゲン」が減っていれば、太ってしまうということにはつながらない。

また、色々な研究で、
「夕食で炭水化物をとった方が、むしろ太らない。」みたいな話もあったりするのだが、実は、個人の体内の「グリコーゲン」の状態がその時にどうなっているのかで違いが大きくなる。

まずは、トレーニングをいつするか、ということから、食事などの内容を決めていくべきである。

大切なのは、
運動の前と後に糖質を摂る。
そうすれば、「グリコーゲン」が増加しているときに、そのトレーニングで使われる。
トレーニングで、「グリコーゲン」が減少しても、その後の食事で補える。
そうすれば、体脂肪ではなく、体内のグリコーゲンの回復に栄養を持っていけるので、太らない

つまり、
トレーニングの近い時間帯に食事を多くする。
トレーニングから離れた時間帯は、糖質の摂取を減らす。
そうして、あまり「グリコーゲン」が溢れないようにする。

ということを気を付けるのが良いだろう。

結論としては、
寝る前に食事をしたから、太るのではなく、体内の「グリコーゲン」の量が大切であるということになるのだ。

まとめ

如何だっただろうか。
「夜中や寝る前の食事」が、一概に悪いというわけではないのだ。
日頃から、適度な運動を心掛け、そこに知識を加えていくことで、より健康的な身体にもなっていく。
是非、日々の生活の豆知識として加えておいてほしい。

参考動画

トレーニング界、筋肉界、では知らない人は「モグリ」とも呼べるレジェンド、また、トップアスリート・格闘家から一般人まで幅広いクライアントを指導することで有名な山本義徳氏の動画だ。
今回は、この動画から有酸素、無酸素運動の役割と効率的なダイエット方法をわかりやすく説明してくれているので、内容を補足をしながら文章に起こしてみた。

人気の記事

-フィットネス, ヘルスケア
-,

© 2020 はまブロ Powered by AFFINGER5