ヒトリゴト

「自分さえ良ければ、それでよし的マインド」ホント羨ましいわ

Aは、自分の求める何かを誰かに頼んで実現できた

そこには当然その誰かにそれなりの負担が発生した
決して、だまって自然に実現できているわけじゃない

Aは考える

そのために相手が何をしてくれたかなんて興味なし
自分が良ければ、それでよし
自分の目的さえ達成できたのなら、それでよし
相手にどんな段取りや準備や負担、ストレスがあったとしても関係ない
自分さえ良ければ、それでよし

A的な正論で、ぐうの音も出ない
そういうやつは、所詮そんなものだ。

何処に行っても、自分の目的以外は、一切興味なし

大丈夫、(しなくて)いい・・・
いらない・・・
わからない・・・
どっちでもいい・・・

めんどくせ~~~
ちょっとくらい自分から楽しもうとしろよ
楽しめる行き先を考えて、時間も見て、スケジュールを組んで、迷わないように、スムーズに動けるように、なんてそんなの全部無駄
気分は悪くなる一方だ
まぁ確かに、この広い世の中にはそういうタイプもいる

それはそれでそいつの勝手だけど、こっちは何も楽しくない。
つまらない
くだらない
こんなの何十回も繰り返してきたが、さすがに限界
行き場のない怒りがこみあげてくる
心のフラストレーションのコップが満タンになって溢れる寸前

配慮も感謝をしないという「損」に気付いていない
一刻も早く気遣いという能力を身につけたほうがいい

それは、俺のためじゃない
あなたのためだから

人気の記事

-ヒトリゴト

© 2020 はまブロ Powered by AFFINGER5