ショッピング フィットネス

【筋トレの第一歩】アジャスタブルダンベルで死角なし

ダンベル

運動不足を解消したい。
筋肉付けたい。
カッコつけたい。

ですよね~。的な人。
トレーニングは、先ずは「やろう!」という気持ちが第一歩。
その次は?
ダンベル持ったりしない?

というわけで、今回は「ダンベル」のご紹介。
しかも、その名も、

アジャスタブルダンベル

カッコいいネーミングだが、もちろん実力だって負けてない。
という事で、今回はこのアジャスタブルダンベルをご紹介。

アジャスタブルダンベルとは

一般的な固定式のダンベルと違い、一本のダンベルの中でピンやダイヤル、ボタンなどで簡単に設定ウェイトを変更出来る可変式のダンベルのこと。

アジャスタブルダンベルのメリット、デメリット

メリット

アジャスタブルダンベルのメリットをあげると、メニューの変更時のウェイト変更の煩わしさを一気に解消してくれるので、集中力を切らさずにトレーニングを続けることが可能だ。
固定式ダンベルのウェイト変更時に起こるようなウェイトを落としてしまうなどのトラブルにもなり難いので安全性も高い。
更にダンベル一本にウェイトが収まるので省スペースなのもありがたい。

デメリット

何より大きいというのが、1番のウィークポイントだ。
どんな軽いウェイトの知己時でも、常にフルサイズの長さがあるためとにかくデカい。
慣れると、それなりだったりする。

アジャスタブルダンベルの使い方、選び方

使い方

通常の固定式ダンベルと同様の使い方で問題ない。
当然、メニューも変更する必要もない。
メリットの項目でも書いたが、ウェイトの変更は非常に簡単なのでメニュー間のウェイト変更の一気に時間が短縮されるので、気持ちを切らすことなくトレーニングに打ち込める。

選び方

ウェイト変更はダイヤル式やボタン式、ピンを差し替えるタイプなど多くの種類があるので自分の使い勝手のいいものを選ぼう。
大きさについても最大ウェイトにもより違いがあったりするが、こちらも自分の体力や目標を考慮して選ぶべきだ。
また、価格面ではピンキリとまではいかないがやはり安価なものから選ぶことが出来る。
アジャスタブルダンベルに限らないがトレーニングで使うギアは、耐久性などを考慮して極端に安価なものは避けるべきだと思う。

まとめ

アジャスタブルダンベルについて、多少ご理解いただけただろうか?
アジャスタブルダンベルは、非常に機能性が高く様々なトレーニングメニューをこなす上級トレーニーからこれからトレーニングを始めたい初心者まで幅広くとても有用なギアであることも伝わったはずだ。
また、ビジュアル的にもインパクトのあるデザインのものを多いためトレーニングのマインドアップにも繋がり、やる気がアップすると思う。
是非、アジャスタブルダンベルを使ってデイリートレーニングの一助としてもらいたい。

【置いてるだけでやってる感UP】インクラインベンチで上半身を効果的に鍛える
【ホームトレーニング】おすすめフィットネスギア5選

人気の記事

-ショッピング, フィットネス
-,

© 2020 はまブロ Powered by AFFINGER5