ヒトリゴト

【魅力アップ】第一印象を良くしたい時に知っておくべきこと【心理学&雑学】

【魅力アップ】第一印象を良くしたい時に知っておくべきたった3つのこと【心理学&雑学】
第一印象を良くしたいのは、誰だって同じ。
簡単な心理学から、相手に対する第一印象をアップさせる為の方法を知っておこう。

しっかりと理解して実践できれば、ビジネスや接客、恋愛と公私ともに役立つだろう。

心理学と云っても、たった3つのポイントを知っておくだけなので、簡単に読むことができるので、是非、最後まで読んで欲しい。

人は「見た目⇒口調⇒話の内容」の順に影響を受ける

初めて会話をする人に対して、人は何をもって第一印象とするのか。
アメリカの心理学者アルバート・メラビアンは、感情や気持ちを伝えるコミュニケーションをとる際に、話し手がどちらとも取れるメッセージを送った場合、聞き手側が、どんな情報に基づいて印象を抱くのかを検証している。

結果は、

  1. 見た目や態度などの視覚情報(55%)
  2. 声や口調などの聴覚情報(38%)
  3. 会話内容などの言語情報(7%)

の順番で影響を受けると指摘している。

つまり、言葉をいくら取り繕っても、相手はあなたの見た目や態度に影響を受け、判断してしまうのです。
初めての取引先やとの会議や打ち合わせでは、身だしなみを整え、話し方に気を付けましょう。

つまり、言葉でどんなに「楽しい」と言っても、態度や表情がつまらなそうなら、「つまらなそう」という見た目の印象のほうを優先して判断してしまうのだ。
新しい取引先との会議や打ち合わせだったり、初対面の人との会話では、身だしなみを整え、話し方に気を付けてのぞむべきだろう。

色々と言葉を使って取り繕うより、服装や態度を整えて真摯に対応しよう。

【魅力アップ】第一印象を良くしたい時に知っておくべきたった3つのこと【心理学&雑学】

第一印象のほとんどは丁寧なあいさつで決まる

人は他人に対し、自分の感じた第一印象を正しいと思い込もうとしてしまう傾向にある。
つまり、最初に悪い印象を持たれてしまうと、後でその印象を拭い去ることはなかなか難しい。

こうした第一印象が強く印象に残る心理のことを「初頭効果」と言う。
そのため、初対面の人と会う場合は、出会った最初の時点でしっかり丁寧にあいさつをして、第一印象を良くするのが望ましい。
そうすることで、後の関係もスムーズに進展しやすくなるだろう。

初頭効果というのは、「人は相手を第一印象で認識する傾向がある」という心理効果のことで、ポーランド出身の心理学者であるソロモン・アッシュにより印象形成の実験によって提唱された。

先ずは、丁寧なあいさつで相手に安心してもらおう。

【魅力アップ】第一印象を良くしたい時に知っておくべきたった3つのこと【心理学&雑学】

笑顔が、あなたの注目度を大幅にアップさせる

人の笑顔を見て、印象を悪くする人はあまりいないが、無表情な顔と笑顔では、注目度は20倍アップするといわれている。

男女3人ずつのモデルに協力してもらい、笑顔と無表情2種類の写真を撮影して、40人の被験者に見せたところ、笑顔の写真は、無表情の写真の20倍も人を引きつける力があったという実験結果がある。

こうした結果により、第一印象を良くするには、日頃から自然な笑顔を作れるようにするのが良いだろう。
また、笑顔は、周りの人の笑顔を引き出すという良い効果もある。
日頃から笑顔を意識することで、あなたの好感度が高まり、良い仲間が集まってくるはずだ。
ビジネスや接客においても、当然プラスになってくるだろう。

笑顔を忘れず、周りの人の顔も心も笑顔にしよう。

【魅力アップ】第一印象を良くしたい時に知っておくべきたった3つのこと【心理学&雑学】

まとめ

如何だっただろうか。
皆さんも経験済みだと思うが、第一印象というのは、なかなか忘れないものである。
ただ、そのことをちょっと気にかけただけで、相手との良好なお付き合いに発展できるはずだ。
日頃の生活をより豊かにするために、ぜひ、覚えておこう。

参考書籍:「人を動かす心理術」を参考にして持論や感想を含めて記事を書いています。

人気の記事

-ヒトリゴト
-,

© 2020 はまブロ Powered by AFFINGER5