ヒトリゴト

クルマライフ~いつまでたってもやめられない~

自動車免許を取得して30年近くの時が過ぎた。

生活しているのは、人口50万人弱の地方都市だ。
お隣に政令市もあったりして、中途半端な田舎だ。

よって日常生活の移動手段といえば、もっぱらクルマということになる。

僕も学生生活を終えるとクルマを生活必需品として手に入れ、仕事に遊びにと大活躍させた。

そんなクルマの活用法は、今も大して変わっていない。
相変わらず仕事に遊びにと大活躍だ。
変わったのは、結婚したり子供が出来たり子供が巣立ったりによる同居家族の増減と生活リズム、スタイルの変化だ。

当然、その時々に合わせて乗っているクルマも変わった。

クーペ、4駆(今だとSUV)、ミニバン、セダンとタイプも様々。
国産車、アメ車、ドイツ車と乗り分けた。

僕は、とびきりの飽き性で、これまでに30台以上は楽に乗り換えた。
長く付き合ったクルマもあれば、短い期間で2か月なんてやつもいた。

いつも周りからは呆れられていたが、僕なりに充実したクルマライフを楽しんできた。
しかし、ここ5年程は会社で契約したサラッとした便利な国産車をリースして、ずいぶん落ち着いてしまっているのが微妙な悩みだ。

さて、そんな僕の長いクルマライフで、それぞれ魅力たっぷりの車に出会えてきたが、特に印象に残っているクルマが数台ある。
いつかもう一度!と思えるクルマたちだ。

R30スカイライン

FC3S RX-7

70系ランドクルーザー

どれも、当然新車では手に入れることの出来ないクルマばかりだが、タイミングが合えば必ず再会したいクルマだ。
やはり1度乗っていただけに微妙な違いも感じとれ、シリーズ、年式、グレード、装備、状態などかなり細かい注文はあるが、常に中古車情報をチェックしている。

いずれ、それぞれの思い出とともにレビューをお伝えしたいと思うが、まずは、最高の元気のいい個体に巡り合えることを願いながら。。。

また、これから先もきっと乗りたいクルマも確実に増えてくるだろう。
そんなクルマも紹介できればと思う。

人気の記事

-ヒトリゴト

© 2020 はまブロ Powered by AFFINGER5