ヒトリゴト フィットネス

地味だが、スゴイ「スロートレーニング」のメリット

さあ、今回は、「スロートレーニング」について取り上げてみた。
「楽そうに見える」なんて、言ってる人もいるが、これがなかなか奥が深いのだ。
いろいろなトレーニングと比べてみても、効果も見劣りすることない上、手軽に取り組むことが出来る「スロートレーニング」
気になってた人は是非、最後まで読んでいただきたい。
「スロートレーニング」の効果やメリットを知ることが出来るはずだ。

スロートレーニングとは

「スロートレーニング」とは、その名のとおりゆっくりとした動作で行うトレーニングのことだ。
低重量であったり、低負荷のトレーニングであっても、動作をゆっくりと行うことで、高重量、高負荷のトレーニングに近い効果を得られ、バルクアップも期待できる。
時に、「スロートレーニングは、一般的な筋トレより楽である」といった間違った認識を持っている人がいるが、ビジュアル的に軽いダンベルを持って、ゆっくりと行っているので楽そうに見えるというだけで、実際に正しく取り組んでみると、決して楽なトレーニングではないことが、わかるはずだ。
また、通常の自重トレーニングに比べても、負荷が軽いにもかかわらず、回数を下げたり、トレーニング自体の時間も短くでき、その上、筋トレの効果も高いので、自宅でのトレーニングにも向いている。

スロートレーニングの仕組み

低負荷でも高負荷に近い効果が期待できる「スロートレーニング」
これは、加圧トレーニングに近い仕組みで得られる効果である。

加圧トレーニングは、専用の加圧ベルトで物理的に血流を制限し、筋肉内を低酸素状態にしてトレーニングをすることで、乳酸などの代謝物の蓄積させて筋肉の代謝を悪くすることで、加圧ベルト外した時の代謝環境の変化で成長ホルモンの分泌を活性化させる非常に高度で専門知識を持った有資格トレーナーの指示を必要とするものだ。

スロートレーニングは、この加圧トレーニングの仕組みに近く、ゆっくりした動作で筋トレをすることで、筋肉が緊張している時間が長くし、その間に一時的な血流制限をかけることで、成長ホルモンの分泌を活性化させるというものだ。
加圧トレーニングに比べて、専門的な知識や器具を必要としないため、気軽に取り組むことが出来る。

スロートレーニングのメリット

スロートレーニングによるメリットは、たくさんあるが、代表的なものは以下のとおり。

軽い負荷で効果を出しやすい

筋肉を増強させるために、高重量、高負荷という強度の高いトレーニングを行わず、低重量、低負荷で筋肉の増強が期待できる。同時に筋肥大に伴う基礎代謝の向上につながる。

成長ホルモンが分泌が増える

スロートレーニングでは、低重量、低負荷でのトレーニングを行うが、高負荷のトレーニングや加圧トレーニングと同じように乳酸が溜まり、成長ホルモンの分泌を促すため、ダイエットにも効果を期待できる。

時短になる

スロートレーニングは、1つ動作に対する時間を長くかけてゆっくりと行う。
低重量、低負荷でのトレーニングというだけでなく、回数も少なくすることが出来るため、トレーニング時間を短縮できる。

怪我のリスクが減る

スロートレーニングは、低重量、低負荷でのトレーニングのため、高重量、高負荷のハードトレーニングに比べて、怪我のリスクが激減する。
例えば、通常トレーニングで、20㎏のダンベルを使う人でも、3~5㎏のダンベルという軽量なもので充分に筋肉に効かせるトレーニングできる。

高齢者や女性でも安全

自宅でも、ダンベルやバーベルがなくても、手軽にトレーニングを行うことが出来る。
楽に自分でコントロールできるレベルの負荷で行う、さらに単純な動作のみでもトレーニングできるため、女性や高齢者、またはリハビリ中の方でも安全に取り組むことができる。

スロートレーニングの方法

スロートレーニングは、腕立て伏せ、腹筋、スクワット、ダンベルなど反復運動の動作であれば、およそ何でも対応できる
具体的なやり方としては、1動作に対し、

  1. 「3~5秒」かけて、息を吸いながら収縮ポジションに行く
  2. 「3~5秒」かけて、息を吐きながらストレッチポジションに戻す
  3. 10~20回繰り返す
  4. 合計2~3セットずつ行う

※ポイント
負荷が逃げないように、常に筋肉が緊張している状態で行う。
持続的に刺激を与えることで、効果が高まる。

スロートレーニングの注意点

手軽にできる「スロートレーニング」だが、トレーニング自体は、実は地味にかなり疲れる
ゆっくりとした動作と、低重量、低負荷の地味なトレーニングとなることで、継続するというメンタルのキープも大変だったりする。
この部分を集中力と忍耐力で乗り越えなければならないことが、スロートレーニングの唯一の注意点かもしれない。

トレーニングの日を分けて、有酸素運動中心の日を作ったり、高負荷、高重量はジムで行ったり、といった工夫も継続するために考えてみるのも良いだろう。

まとめ

如何だっただろうか。
今回は、「スロートレーニング」にスポットを当ててみた。
手軽に自宅でも始めることが出来て、効果も十分に期待できるトレーニングなので、是非トライしてもらいたい。

人気の記事

-ヒトリゴト, フィットネス
-,

© 2020 はまブロ Powered by AFFINGER5