ヒトリゴト フィットネス ヘルスケア

有酸素運動と無酸素運動、改めて知ってみる


皆さん、ご存じの通り、トレーニングには、いろいろな種類がある。

あまりにもたくさんの種類があるので、聞いてるだけでも大変だが、今回は、多くの人が耳にしたことがあるであろう「有酸素運動」と「無酸素運動」について、改めて取り上げてみたいと思う。

何となくのイメージもついているだろうし、実際に実践している人もたくさんいると思うが、目的や効果の違い、取り組み方など、再確認していただき、日頃のトレーニングに活用してもらえたらと考えている。

知っていることもたくさんあると思うが、「あれっ?!」ってなることもあるかもしれない。
ぜひ、最後まで読んでいただきたい。

有酸素運動と無酸素運動の違い

有酸素運動と無酸素運動、改めて何の違いがあるのだろうか。
正に読んで字のごとく、
酸素を使う運動
酸素を使わない運動
である。

因みにそれぞれのエネルギー源としては、何を必要とするのか。
有酸素運動では、酸素や体脂肪を重点的に使う
無酸素運動では、体内の糖を重点的に使う
のだ。

日頃のトレーニングで、どちらかだけしかしていない人も、どちらもやっている人も、何となく偏っている人もいると思うが、この大きく分けた二つの運動には、効果の違いがしっかりとあるのだ。
取り組む際は、目的に応じて使い分けるべきだろう。

改めて、有酸素運動とは

有酸素運動は、はウォーキングやジョギングなど、長時間に渡って行うトレーニングのことだ。
長時間運動するために、体内に酸素を多く取り込んで脂肪を燃焼させ、エネルギー源としている
このようにして、脂肪を効果的に燃焼させることから、有酸素運動はダイエットに向いていると云われている。

また、ダイエットへの効果以外にも、

  • 心肺機能を強化する
  • 血管を柔軟にする(高血圧の改善、予防)
  • 新陳代謝を促進する
  • 脳に対する良い刺激を与える

といった効果もあるとされる。

有酸素運動はトレーニングの一つに考えられることが多いが、運動強度が低いエネルギー生産方式になっているため、一般的な家事なども有酸素運動とされている
瞬発的にカロリーを消費することのない有酸素運動だが、長時間行うことによってカロリーをより多く消費できる
筋力の増加や筋肥大の効果を求めずに、心肺機能とダイエット効果を目的とするなら最適ではないだろうか。

代表的な有酸素運動
ウォーキング、ジョギング(ゆっくり)、水泳、サイクリング、エアロバイクなど

改めて、無酸素運動とは

無酸素運動は短距離走などの息がきれるほどの運動や、ウエイトトレーニングなどの長時間の継続が困難な筋力トレーニングなどを指す。
これらは、運動するときのエネルギーとして、あまり酸素を“使わない”というよりも、“使えない”という意味で無酸素運動とされている。

瞬発的なエネルギーを必要とするため、有酸素運動のようなエネルギーの供給では間に合わず、酸素の代わりに素早く取り出すことの出来るグリコーゲン(糖質)によるエネルギーを使って運動をしている。
グリコーゲンは、とても強力なエネルギーとなるのだが、枯渇しやすいため短時間しか持続出来ないという欠点もある。

ただし、無酸素運動は短時間に行う強度なトレーニングなため、筋肥大をさせる、筋力強化を目指すという点では、非常に効果的である。
そして、この筋肥大や筋力強化により、筋肉量が増えることから身体の代謝が向上するという大きなメリットもある。
これにより、基礎代謝を上げ、脂肪燃焼を促進することで、ダイエットにも効果的とされている。

無酸素運動のエネルギー生産には、脂肪ではなく“糖質”が使われるが、前述のサイクルによってダイエットへの効果もあるということが、最近では一般的に知られてきているのだ。

代表的な無酸素運動
ウェイトトレーニング、自重トレーニングなどの筋トレ、ランニング、ジョギング(はやめ)など

目的に応じて使い分けるべき

有酸素運動は、長時間行えるトレーニングのため、消費カロリーが多くダイエットに適しているとよく云われている。
しかし、有酸素運動自体での必要な筋肉量の増加は見込めるが、相対的な筋肉に対しては、大きな負荷をかけないため、筋肉の増強には不向きだ。

対して、筋肉を動かすために、酸素を必要としない無酸素運動は、強靭な肉体を作りたい人向けのトレーニングと思われがちだが、この無酸素運動による筋肉の増強で、基礎代謝が上がるため、実はダイエットにも効果がある

また脂肪を分解し、筋肉を作り、基礎代謝を高め、アンチエイジングにも効果のある「成長ホルモン」は「乳酸」により分泌される。
この乳酸は、無酸素運動でのエネルギーである糖質が分解されて生成されるのだ。

一般的にダイエットといえば、有酸素運動と思い込んでいる人も多いのだが、実際には、無酸素運動でもダイエットの効果が期待できるのだ。

筋肉を大きくしたくない人もいるし、筋肉を逞しく大きくしたい人もいる。
また、そのどちらもを両立できているバランスの良いスタイルを目指している人もいるだろう。
自分の目的に合わせて有酸素運動、無酸素運動だけと決めつけるのではなく、どちらのトレーニングも両立させて行うことが大切なのだ。

まとめ

如何だっただろうか。
今回は、有酸素運動と無酸素運動という大きな括りに対してスポットを当ててみた。
知っていることも多いとは思うが、トレーニングを日々、頑張っているうちにいつの間にか、こうした知識を御座なりにしてしまい、独りよがりのトレーニングになってしまうこともある。
折角、頑張っているトレーニングが効果的になるように、再確認の意味でも知っておいて欲しい。

人気の記事

-ヒトリゴト, フィットネス, ヘルスケア
-, ,

© 2020 はまブロ Powered by AFFINGER5