ヒトリゴト 起業・転職・経営

独立起業しない方がいい人の「それダメマインド&習慣」5選

独立起業しない方がいい人の「それダメマインド」5選

独立したいよ~~
俺だって~~~

なんて人は、たくさんいるが、

あんたは、やめとけよ。

も、それなりにいる。

ここでは「独立起業、ダメ!、絶対!」とまでは言わないが、「そこ、直しなよ」って意味を込めて、独立したいなら改めるべきマインド、習慣を取り上げてみたいと思う。

もちろん該当する人でも上手くいっちゃう人もいるので、あくまでも個人的な経験に基づく考えとして、全くもって身勝手なモノゴトの捉え方ではあるが多少でも参考になれば嬉しい。



では早速、

その1、責任感がない人、いい加減な人

責任感がないというのは、一般の会社員でも難しいはずだが組織の中に居れば紛れて誤魔化されているものだ。
ところが、独立して自分の箱を持つとそうはいかない。
環境のせいにも出来ないし、他人のせいにも出来ない。
保身のために、誰かに責任を擦り付けても結局は全部自分に跳ね返ってくる。
何かに責任を押し付けても何も解決しないと知るべきだ。
独立して経営者ともなれば、全ての責任を受け入れる覚悟がなければならない。
また、何事もいい加減で中途半端な仕事ばかりをしているようであればクライアントからの信用が失われ、当然ビジネスは成り立たないだろう。
パートナーと組んで起業する場合などは、パートナーが責任感を強く持っている人かどうかも重要な見極めポイントでもある。

その2、ネガティブ志向の人、保守的、受動的な人

独立起業するというだけで、そもそもが大きなチャレンジだ。
しっかりと計画を立てて起業するべきではあるが、
何かがある度に「俺には出来ない・・・」「~~だから、無理だ・・・」「あぁなったら、どうしよう・・・」「失敗したら、どうしよう・・・」と迷って悲観的になってばかりの人は、正直、独立には向いていない。
また、失敗を恐れるあまり石橋ばかり叩いているような人や、人から指示を受けないと自分から仕事を見つけれないような人だと、ビジネスの成長はおろか、継続すら危うい。
大きな企業の中で、周りにたくさんのサポートや仲間と一緒に仕事をする方が断然向いていると思う。
起業して慎重にに物事を考えることは重要だが、極端に保守的だったり受動的でネガティブだと折角の独立起業という大きなチャレンジが台無しだ。
戦略をしっかり立てて、そして能動的に行動することでビジネスの成長を引き寄せる第一歩なのだと思う。

その3、くれくれ坊主の人

誰かから「モノ」や「金」、「人脈」をいつも強請っている人がいる。
自分からは何も与えずして、いつも人から恵んでもらってばかりの人、周りのも少なからずいるのを感じているだろう。
僕は、彼らを「くれくれ坊主」と呼んでいる。
独立して、自分の周りに経営者の仲間なんかも増えてくると、その人たちはそういった「くれくれ坊主」を簡単に見分けてくる。
最初は上手くいっていたとしても、近い将来必ずしっぺ返しを食らう。
そして、信用を無くしてしまうのだ。
相手の事を考え、常に「WIN=WIN」の精神を持って行動することで、頼りにされ信用から信頼をつかみ取るkとが出来るはずだ。

その4、根気がない人、集中力がない人

3日坊主の全てが悪いとは思わないが、こと独立企業となると流石に3日坊主はマズい。
独立起業をしてビジネスが軌道に乗るまでの間は、ほぼ寝る暇がないほど、寝ても寝切らないほど事業の事が頭から離れなくなる人が多い。
気になって気になって仕方ないのだ。
独立した人であれば誰だって、そんなものだ。と思う。
コツコツと毎日の細かな努力を積み重ねるという寝食をを忘れて取り組んだプロセスは、やはり3日坊主では成し遂げることが出来ない。
そして、山もあり谷もある経営を続けていく中では、当然これと似たような状態を経験することも多々ある。
それを、「集中力がない」、「根気がない」で放っておくわけにはいかない。
誰かに代わってもらえるわけでもないので、やはり自分を律して立ち向かわなければならないのだ。
ゆっくりのんびりできるのは成功してからということにして、先ずは集中して頑張れる力を身に着けて欲しい。

その5、完璧主義な人、拘りに執着しすぎる人

どうしてもやりたくて始めた事業。
考え抜いて計画を練り尽くした事業。
とても思いのこもった事業をするために独立起業する。
本当に素晴らしいことだと思う。
しかし、時代のトレンドやそのビジネスを取り巻く環境は刻一刻と変化をしている。
計画したことの全てが思うように運ばなかったり、予想だにしなかった事態が待ち受けていたりと、様々なトラブルや変化が待ち受けている。
そんな時、固定概念に縛られ、置かれた状況の変化に対し臨機応変に行動することが出来なければ、事態はより一層深刻にあるだろう。
頭では理解しているが、身体が反応しない。という人は意外に多い。
拘りを持って思いを込めて進めてきた事業の修正が中々出来ないのだ。
現代はトレンドの流れも速く、それに対して柔軟に対応できるかが生き残るポイントであると考えている。
自分の考えに固執しすぎて周りや時代のトレンドを見失う事の無いように柔軟で臨機応変に対応し時代にフィットさせるマインドが事業の成長に役立つはずだ。



まとめ

如何だっただろうか。
個人的にこれからの時代は、サラリーマンとして生活していくより、自分のやりたい事を追求して独立起業することの方が、新しい人の生き方にフィットしていると感じている。
だからこそ、起業したりフリーランスに転身することはとても良いことだと思っている。
しかしながら、それは全ての人にとってというわけではない。
良い悪いの判断ではなく、どちらかというとその人の特性に合わせてライフスタイルを選択する必要があるだろう。
大きな企業に属して大きなプロジェクトに参加するのも壮大で素晴らしいし、ベンチャー企業に就職をして破竹の勢いで成長していくのも夢がある。また、多く重たい責任を抱えずプライベートに重きを置く人がいても良いと思う。
それらを理解したうえで、今回は独立を希望している人に対しての個人的な感想を書いてみた。
参考になれば、嬉しく思う。

人気の記事

-ヒトリゴト, 起業・転職・経営
-, ,

© 2020 はまブロ Powered by AFFINGER5