ヒトリゴト フィットネス ヘルスケア

筋トレやダイエット、頑張りたいのに頑張れない人へ

筋トレやダイエットを頑張りたいのに、頑張ると決めたのに、今すぐ始めたいのに、なかなか始める事での出来ていない人。

ひょっとしたら、行動科学的に、上手く自分をコントロールできていないのかもしれない。
今回は、こんな悩みに行動科学を理解して、自分をコントロールしては如何だろうというお話だ。

筋トレやダイエットに限らず、日常生活やビジネスシーンでも十分に活用できるので、気になる人は是非最後まで読んでいただきたい。

やる気はあるのに、なかなかやらない

筋トレにダイエット、やる気はあるのに、なかなか一歩前に進めない。
今日もまた、サボっちまった。

一体、何が、このやる気を邪魔しているのだろう。

こうした先延ばしグセ、中断グセ、未完グセ・・・というのは、なかなか厄介なメンタルだ。
いざ行動しようと思っていても、なかなか始められなかったり、続けられなかったりしてしまう。

このような状態は、行動科学的に「不足行動」と「過剰行動」を知ることによって打破出来るかもしれない。

「不足行動」と「過剰行動」

簡単に説明すれば、行動科学における
「不足行動」は、やりたいと望んでいるのにやらない行動(目標に必要な行動)
「過剰行動」は、やめたいと望んでいるのにやめられない行動(目標を邪魔する行動)

のことだ。

例えるなら、
「不足行動」とは、
英語の勉強をする。
ダイエットする。
筋トレする。

対して、「過剰行動」とは、
スマホゲームをしてしまう。
間食をしてしまう。
ただただ、部屋でゴロゴロしてしまう。

そして、これらの行動は繋がっており
英語の勉強をしたいのに、スマホゲームをしてしまう
ダイエットしたいのに、間食をしてしまう
筋トレしたいのに、ただただ、部屋でゴロゴロしてしまう

となるのだ。

人間なんてそんなもんだ。
と、割り切ってしまうのは、まだ早い!

しかし、

ダイエットしたいんだ!だから、間食なんて止めよう!

と、甘えた気持ちに勝って、というのもなかなか難しいものだ。

なぜ、気持ち勝てないのか

では、なぜこうした気持ちに勝てないのか?
「過剰行動」を抑えて、「不足行動」を取れないのか?

それは、「過剰行動」には「楽しい」「簡単」という魅力的な特徴があるからなのだ。

スマホゲームの楽しさ
甘いスイーツ
のんびりとした時間

やってはいけない!とわかってはいるのに、やめられないものは、すべて楽しく、誘惑に溢れている。

だから、「不足行動」は、「過剰行動」の誘惑に簡単に邪魔されて、頓挫してしまうのだ。
つまり、「行動」を起こせないのではなく、「他の行動」をとってしまっているわけだ。

誘惑に負けずに乗り越えるコツ

では、どうすれば良いのか?
どうすれば、誘惑に負けることなく乗り越えられるのか?

正直、簡単なことではないが、こうした行動を理解し、自分自身の行動をコントロールすることが乗り越えるコツだ。
大きく分けて2つ。

「不足行動」を取りやすい環境や仕組みを作る
自分で「やれそうだな、やりたいな」と感じさせることで、行動へのハードルを低くする。
例えば、いつもよりほんの少しだけ少ない食事、辛くない運動などから始める(食生活や運動に徐々に身体を慣らしていく)

「過剰行動」を取りにくい環境や仕組みを作る
自分に「やりにくいな、やりたくないな」と感じさせることで、行動へのハードルを高くする。
例えば、予め、おやつやスイーツを買い置きをしない(食べるために買いに行かなければならない)

この二つの行動を実践できれば、ゆっくりかもしれないが自然と克服できるはずだ

まとめ

如何だっただろうか。
今回は、行動科学として、自分のやりたい行動を邪魔して動けなくしてしまう厄介な習慣を断ち切る方法を解説した。
自分の日常生活の様々な場面で活用できると思うので、ぜひ、実践してみてほしい。

人気の記事

-ヒトリゴト, フィットネス, ヘルスケア
-, , ,

© 2020 はまブロ Powered by AFFINGER5