ヒトリゴト 起業・転職・経営

結果に直結するピンポイント行動で成果を上げる


何事においても、


やっても上手くいかない
成果が出ない
頑張ったことが無駄に思える

というに向けて、この記事を書いてみた。

「すべての結果は行動の蓄積である」

という言葉がある。

何ごとも、行動しないことには結果は出ないし、行動するからこそ結果が出るのだ。

しかし、この結果が問題。

当然のことだが、結果は出来る限り、「良い結果」が欲しいものだ。

では、良い結果を出すためには、どうすればよいのか?

今回は、この点にスポットを当ててみたい。

「良い結果」には、「正しい行動」

「正しい行動」が「良い成果」を生みだす。
そして、「正しくない行動」は良くない成果を生み出す。

「正しくない行動」で頑張って、良くない成果が出てしまったら、行動したことを後悔してしまう場合まであり得るものだ。

「正しい行動」が「成果」を生み出す

「正しい行動」とは、「正しい考え方」に基づく「正しいやり方」をもって努力することである。
つまり、考え方が間違っていれば、「正しいやり方」で行動することもできないし、
「正しい考え方」であっても、やり方を間違っていれば、おのずと結果も良くないものになってしまう。

「正しい行動」がもたらした良い結果は、「成果」として表れ、「正しくない行動」からは「成果」は出ないのだ。
偶然に「成果」が出るのではなく、必然で「成果」が出ているのだ。

「成果」の検証

「正しい行動」と「正しくない行動」の検証について
例えば、
同じ内容の企画書の作成について、
①の方法では、30分で企画書が完成し、
②の方法では、1時間で企画書が完成した。
場合、当然①の方法の方が「正しい行動」である。

では、どうやって①の方法を知るのか?
これは、

成果を出している人の方法を学び、シンプルに真似をして自分の方法に取り入れていく方法
①と②の方法の違いを精査して、①の方法の利点を理解し、自分でも試して利点を確認していく
という方法だ。

どちらも、同じように成果を出せるが、後者のように精査⇒理解⇒確認をすることで、自分自身の能力としても単なる真似よりも数段レベルアップできる
このように結果に直結する「ピンポイント行動」を探り出すことで、成果は一気に上がりやすくなるのだ。

「ピンポイント行動」が成果につながる

日常生活や、仕事、学業、趣味など様々なシーンにおいて、よりレベルアップを望むなら

「成果につながるピンポイント行動」

を見つけ出すのが、近道だ。
日頃の行動の中で、「ピンポイント行動」を意識するだけでも成果を出せるスピードは格段にアップするだろう。

また、「ピンポイント行動」というものは、自分自身の行動のレベルの上達に合わせて、変化をする。
自分が成長すればするほど、この「ピンポイント行動」のレベルもアップしていくので、成長を止めどなく継続することが可能だ。

まとめ

如何だっただろうか。
今回は、「結果に直結するピンポイント行動で成果を上げる」をテーマに「ピンポイント行動」の狙いや生み出される効果について取り上げてみた。
生活の様々な場面で活用でき、いきいきとした毎日を過ごすためにも身に着けたい習慣だ。
是非、参考にしてみていただきたい。

人気の記事

-ヒトリゴト, 起業・転職・経営
-,

© 2020 はまブロ Powered by AFFINGER5