ヒトリゴト フィットネス ヘルスケア

誰でもできる。いつでもできる。気軽に簡単!腹筋ドローイングの魅力

ダイエットしたい、腹筋を割りたい人に贈る、究極に簡単な腹筋トレーニング
誰でもできるし、いつでもできる。
そして、キツくない。

もう、言い訳なんてできない。

今回は腹筋を鍛える。そして、腹筋を割る。
ドローイング
について取り上げてみる。

ドローイングとは

ドローイングとは、簡単に言えば、腹筋周りの深層筋であるインナーユニットを鍛えるトレーニングだ。
腹横筋、多裂筋、横隔膜、骨盤底筋群からなる深層筋群であるインナーユニットを鍛えることで、腹筋を割る、お腹周りをスリムにする、体幹を鍛えるといったことが可能だ。

お腹を凹ませる動作と腹式呼吸を組み合わせて行うトレーニングで、インナーマッスルを鍛えるため、代謝が上がり、脂肪の燃焼しやすい、太りにくい身体になることが出来る。

また、場所も道具も必要ないため、どこでも手軽に取り組むことが出来るおすすめのトレーニングなのだ。

ドローイングのメリット

いつでもできる

デスクワークの時、椅子でくつろいでいる時、車に乗っている時、手持ち無沙汰な時、どんな時でも簡単に取り組める

無料でできる

自分の身一つで行えるため、ジムに通う必要なし

道具、器具がいらない

ダンベルもベンチもいらない。座っていても、立っていても、寝転んでいてもできる

腰痛改善、予防になる

ドローイングで鍛えることのできる腹横筋は、腰回りを支える役割をしている。ここを鍛えることで姿勢が安定し腰への負担が軽減されるため、腰痛改善や防止につながる

体幹を鍛えることができる

お腹周りのインナーマッスル全体を鍛えるため、体幹が強くなり、バランス力が向上し、運動動作を最大限に発揮しやすくなるのだ

ダイエットに効いて腹筋も割れる

お腹周りのインナーマッスル全体を鍛えるため、腹部全体が引き締まり、ダイエット効果も得られる。さらに、継続することで憧れの腹筋を割ることも可能だ

ドローイングのやり方

やり方、その1

  1. 両手を身体の横にして、膝を軽く立てて仰向けなる
  2. 息をゆっくりと吐きながら、お腹をへこませていく
  3. 息を吐きだしきったところで、小さく呼吸しながら10~15秒キープする(この時、腰の部分が床につくように)
  4. ゆっくりとお腹を元に戻す
  5. 2~4を繰り返す

やり方、その2

  1. リラックスした状態で立つ(座る)
  2. 息をゆっくりと吐きながら、お腹をへこませていく
  3. 息を吐きだしきったところで、小さく呼吸しながら10~15秒キープする(この時、肩に力が入らないように)
  4. ゆっくりとお腹を元に戻す
  5. 2~4を繰り返す

ドローイングは、気軽に行うことが出来るトレーニングだが、その他の筋トレや、体幹トレーニング、有酸素運動との組み合わせで一層の効果が期待できる。
また、取り組み始めた当初は、トレーニングした実感を感じづらいが、継続による効果は必ず感じられるので、あきらめずに取り組んでほしい。

まとめ

如何だっただろうか。
今回は、誰でも、いつでも、どこでも、とても簡単に取り組むことが出来る「ドローイング」について取り上げてみた。
筋トレのような強烈なつらさがあるわけでもないので、ぜひ、気軽にチャレンジしてみてほしい。

人気の記事

-ヒトリゴト, フィットネス, ヘルスケア
-,

© 2020 はまブロ Powered by AFFINGER5